メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

対談

山と海と田“合力”を 農家の井之本さん・漁師の本藤さん 林業者減り、宮津湾“ピンチ” /京都

参加者と意見を交わす本藤靖さん(右)と井之本泰さん。後方の写真は主催の小山愛生さん一家=京都府宮津市漁師町で、塩田敏夫撮影

 宮津市上世屋で農業を営む井之本泰さん(67)と漁師の本藤靖さん(57)が同市漁師町の「ととまーと」で対談した。テーマは「宮津湾のナマコは世屋の雪を喰(く)らう」。ナマコ漁を続ける本藤さんは「山の豊かなミネラルが宮津湾に注ぐことで魚介類が育っている」と指摘。山に人の手が入らず荒廃が進むことを憂い、生業の漁業を続けるため山を守る活動をしていきたいと語った。

 井之本さんは府立丹後郷土資料館の学芸員時代に上世屋地区に残る藤織りに出会い、豪雪地帯の上世屋地区に…

この記事は有料記事です。

残り908文字(全文1136文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「名古屋走り」不起訴から一転起訴

  2. ドレスコード違反? 「違和感」招いた安倍昭恵氏の即位礼の衣装とは

  3. 「パパ活」「ママ活」待った! 埼玉県警、ツイッターで警告配信

  4. 映画「宮本から君へ」への助成金取り消し 公益性理由、要綱改正も

  5. 「カスハラ」労災10年で78人、24人が自殺 悪質クレーム対策急務

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです