メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

対談

山と海と田“合力”を 農家の井之本さん・漁師の本藤さん 林業者減り、宮津湾“ピンチ” /京都

参加者と意見を交わす本藤靖さん(右)と井之本泰さん。後方の写真は主催の小山愛生さん一家=京都府宮津市漁師町で、塩田敏夫撮影

 宮津市上世屋で農業を営む井之本泰さん(67)と漁師の本藤靖さん(57)が同市漁師町の「ととまーと」で対談した。テーマは「宮津湾のナマコは世屋の雪を喰(く)らう」。ナマコ漁を続ける本藤さんは「山の豊かなミネラルが宮津湾に注ぐことで魚介類が育っている」と指摘。山に人の手が入らず荒廃が進むことを憂い、生業の漁業を続けるため山を守る活動をしていきたいと語った。

 井之本さんは府立丹後郷土資料館の学芸員時代に上世屋地区に残る藤織りに出会い、豪雪地帯の上世屋地区に…

この記事は有料記事です。

残り908文字(全文1136文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「児童が危険と…」 小学校前の通学路に白色スプレーで“停止線” 福岡の校長を書類送検
  2. 台湾東岸・花蓮でM6.1地震 震源の深さ18キロ
  3. 大阪・御堂筋で事故 軽ワゴン車横転、歩道に乗り上げ 繁華街が一時騒然
  4. もとをたどれば リクシルグループ 「住」と「生活」豊かさ願い
  5. 直前「胸騒ぎ」で井戸 命つなぐ 神戸の92歳、二つの大地震の経験生かす

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです