メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

西日本豪雨

生活再建、寄り添い支援 倉敷・真備地域生活支援センター、避難の障害者訪問続ける /岡山

仮設住宅で暮らす浅田順一さん(手前)と支える赤沢慶さん=岡山県倉敷市真備町地区で、林田奈々撮影

 昨年7月の西日本豪雨では、障害を持つ多くの人たちも被災し、避難生活を強いられている。倉敷市によると、同市真備町地区では14カ所の障害者施設が被災したが、すでに全ての施設が活動を再開。被災者たちが少しでも元の生活に近づけるよう、支援を続けている。【林田奈々】

 同市真備町川辺の真備地域生活支援センター。豪雨当時、センターを利用していた人は約220人。うち約100人が真備町地区の住人だった。

 「避難してくださいね」。昨年7月6日、センターの相談支援専門員、赤沢慶さん(33)ら6人の職員は利…

この記事は有料記事です。

残り917文字(全文1162文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋暴走 元高級官僚だから? 「なぜ運転手が逮捕されないのか」疑問の声噴出
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. 池袋暴走 被害者遺族のコメント全文「少しでも犠牲者いなくなる未来を」
  4. 政治 交わらない枝野氏と玉木氏 自民「1強」の責任、野党にも
  5. 国民民主党、自由党と合併で正式合意 自由は解散

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです