メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

西日本豪雨

生活再建、寄り添い支援 倉敷・真備地域生活支援センター、避難の障害者訪問続ける /岡山

仮設住宅で暮らす浅田順一さん(手前)と支える赤沢慶さん=岡山県倉敷市真備町地区で、林田奈々撮影

 昨年7月の西日本豪雨では、障害を持つ多くの人たちも被災し、避難生活を強いられている。倉敷市によると、同市真備町地区では14カ所の障害者施設が被災したが、すでに全ての施設が活動を再開。被災者たちが少しでも元の生活に近づけるよう、支援を続けている。【林田奈々】

 同市真備町川辺の真備地域生活支援センター。豪雨当時、センターを利用していた人は約220人。うち約100人が真備町地区の住人だった。

 「避難してくださいね」。昨年7月6日、センターの相談支援専門員、赤沢慶さん(33)ら6人の職員は利…

この記事は有料記事です。

残り917文字(全文1162文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 菅原経産相指示「この人はカニ、この人はイクラね」 立憲が元秘書の音声データ公開

  2. 「イノシシが園内に」 台風の影響で移動か 東京・国営昭和記念公園が臨時閉園

  3. 「職員室が怖かった分、子供といる時間幸せで…」いじめ被害教諭メッセージ全文

  4. 近江・林ドラフト指名なし「3年後は必ず」 決意胸に社会人の強豪西濃運輸へ

  5. 「即位礼正殿の儀」に合わせ政令恩赦を閣議決定 対象者は55万人

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです