メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ことば

外国籍の就学不明児問題

 日本人の場合、保護者は憲法で子どもに教育を受けさせる就学義務を負うが、外国籍の保護者は対象外で、子どもの就学を受け入れるかどうかは自治体に委ねられている。文科省は国際人権規約を踏まえ「本人が希望すれば就学できる」としているが、学校に行っているか確認できない「就学不明」や学校に通っていない「不就学」…

この記事は有料記事です。

残り114文字(全文264文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪モデル基準変更 吉村知事「誤解与えないため」、山中さん「信頼揺らぐ」

  2. 「アベノマスク着用」 中学校で配布プリントに記載、保護者に謝罪 埼玉・深谷

  3. 「政権の終わりが見えた」支持率急落、自民主流派も首相を公然と批判

  4. 不手際連発の安倍政権に募る不満 「平時と変わらぬ対応」の不人気

  5. 第2波で再び経済ストップ? 宣言解除後は「底をはい続けるL字形」との指摘も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです