タイ総選挙

「新未来党」存在感 700万人若者票焦点

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
毎日新聞の取材に応じる新未来党のタナトーン党首=バンコク中心部で2019年3月14日、西脇真一撮影
毎日新聞の取材に応じる新未来党のタナトーン党首=バンコク中心部で2019年3月14日、西脇真一撮影

 【バンコク西脇真一】24日に予定されるタイ総選挙では、初めて投票する18~25歳の新有権者が約700万人にのぼる。総選挙の実施が約8年ぶりとなるためで、全有権者の1割を超える。2014年から続く軍事政権下で育った若者の票の行方が注目される中、軍政批判と変革を訴えて存在感を増しているのがタナトーン党首(40)率いる「新未来党」だ。タナトーン氏は毎日新聞の取材に「タイに民主主義を取り戻す」と意気込んだ。

 タナトーン氏は、タイ自動車部品製造大手の創業者一族出身で、副社長だった昨年、新未来党を結成。党の世論調査での支持率は、タクシン元首相派の中核政党「タイ貢献党」や親軍政政党「国民国家の力党」などに次ぐ4位だが、若者の間での人気は高い。

この記事は有料記事です。

残り399文字(全文718文字)

あわせて読みたい

ニュース特集