メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

なるほドリ・the・World

印パの対立、背景は? 英から独立時、教徒間暴動が発端=回答・松井聡

 なるほドリ インドとパキスタンが2月に互(たが)いに空爆(くうばく)したけど、どうして仲が悪いの?

 記者 両国はもともと、英国の植民地(しょくみんち)「インド帝国(ていこく)」という一つの「国」でした。多数派のヒンズー教徒(きょうと)と少数派のイスラム教徒が共存(きょうぞん)していたのです。ですが英国は、両者の対立をあおり、独立運動が盛(も)り上がらないようにしていました。英国は1947年に独立を認めましたが、両教徒間の対立は激化(げきか)する一方でした。その結果、ヒンズー教徒の多い「インド」とは別に、イスラム教徒が多かった地域が「パキスタン」として独立しました。当時は各地で両教徒の暴動(ぼうどう)が発生し、100万人が死亡したと言われます。

この記事は有料記事です。

残り617文字(全文943文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. マンホールから頭出し車と接触、死亡 下水道清掃中に 愛知・刈谷

  2. 柵なく、警備員1人で誘導 マンホールから頭出し車接触、男性死亡 愛知・刈谷

  3. デマがSNSで拡散「武漢から関空入りの新型肺炎患者が逃走」 モザイク入り微博画像から

  4. 「いつもより飲める」「働き方改革は…」 大阪・御堂筋線で2時台まで終電延長実験

  5. 欧州、豪でも初の感染者 中国では1287人、死者41人に 新型肺炎

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです