メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

インタビュー・最前線

太平洋セメント 不死原正文社長

環境への貢献、海外でも

 秩父小野田と日本セメントが1998年に合併して発足した太平洋セメント。業界最大手としてインフラや建築物の高品質化をけん引してきた。早くから原燃料に産業廃棄物を取り入れ、災害対策にも積極的に向き合う。「セメントは環境に優しい産業で、コンクリートは災害から人を守る力がある」という不死原正文社長が、ビジョンを語った。【聞き手・藤田裕伸、写真・山下浩一】

この記事は有料記事です。

残り1080文字(全文1266文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 八戸女児切りつけ 殺人未遂容疑で14歳少年を逮捕 「殺すつもりだった」供述

  2. 食事取れず毎日チョコと酢 夫亡くした女性が経験談 過労死防止対策シンポ

  3. 八戸女児切りつけ 殺人未遂容疑で少年を緊急逮捕

  4. 刀を抜いた厚労省 公的病院再編問題

  5. 「桜を見る会」萩生田文科相、支援者の参加認める 推薦名簿の保存明らかに

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです