メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

将棋

第77期名人戦A級順位戦 久保利明王将-三浦弘行九段 第39局の5

さばきのアーティスト

 何が起きたのだろうか。瞬く間に久保の駒が息を吹き返し、三浦の攻め駒を撤退させていく。[先]5五歩と突いて「勝負になったと思った」と久保。検討陣からも「先手がさばけた」と声が上がった。

 戻って前譜の最終手[後]4六角が疑問手だった。代えて[後]8六歩と突き、以下[先]7五歩[後]6三銀[先]8五歩[後]7六歩[先]6五桂に[後]4六角と飛び出し、[先]5七金[後]6四角[先]8六飛に[後]7四銀と出れば依然として後手ペースだった。「もっと考えたい局面でした」と三浦。残り時間が気がかりだった。

 気付けば流れは久保にあり。[後]8六歩に代えて(1)[後]7八とは[先]同飛[後]8六歩[先]6五…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋で乗用車とごみ収集車が衝突 女性と子供が意識不明 10人けが
  2. 交通安全教室でスタントマンの男性死亡 事故再現で 京都
  3. 電柱ワイヤ激突 バイク男性、上半身切断 山陽電鉄線路に
  4. 辺野古取材の池上彰さんを撮影 「マスコミ特定」反対派リスト作成の警備会社が指示
  5. トランプ氏「これで私は終わりだ」 司法妨害の疑い言及 米ロシア疑惑報告書

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです