メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

俳句月評

「平成」を超える力=岩岡中正

 改元も目前だが、俳句における平成については、「俳句界」が既に一昨年十二月号で「平成俳句検証」を特集している。それは渡辺誠一郎のまとめのように、高齢者と女性の活躍と震災詠に代表される時代だった。

 また、たしかに平成は戦争はなかったが、それは「手ごたえのない平和」(加藤かな文)であり、その底に「不穏さ」(関悦史)がひそむ時代だった。この不穏さには、生活への漠然たる不安だけでなく、私たちが大震災や原発事故に一瞬見てしまった「戦場」もあるだろう。茨木和生は<八月の赤子はいまも宙を蹴る>(宇多喜代子)の句をあげて、「赤子を含めて戦争の犠牲となったことを忘れないために」とコメントしたが、平成後の俳句には、この戦争を忘れない力と、平成の「不穏さ」や不条理に向き合っ…

この記事は有料記事です。

残り496文字(全文826文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 金融庁「老後最大3000万円必要」独自試算 WGに4月提示
  2. 運転の60代女「意識なくなった」 東京・町田で児童ら5人はねられけが
  3. 「年金を受け取っているか」の質問に麻生氏「正確な記憶がない」 衆院財務金融委
  4. 関西テレビ「ヘイト」放送 民族・女性差別発言編集せず
  5. 育休明けに倉庫勤務「不当な配転」 アシックス男性社員訴え

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです