メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

スピードスケート

五輪オーバル・フィナーレ 小平、男子500メートル出場 練習の一環で「自己最速」

女子の世界記録に0秒03差

 【カルガリー共同】スピードスケート女子の小平奈緒(相沢病院)は16日、カルガリーで国際大会「五輪オーバル・フィナーレ」の男子500メートルに出場し、記録は非公認ながら女子の世界記録と0秒03差の36秒39をマークした。

 今季最後の実戦は、標高1000メートル強の高速リンクで練習の一環として男子と一緒に滑った。「体力的に、このくらいのタイムで滑れることを確認できた。いい感覚がつかめた」と語った。

 レベルの高さを改めて示したものの、李相花(韓国)が持つ世界記録の更新は果たせなかった32歳のシーズ…

この記事は有料記事です。

残り311文字(全文573文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 横浜市長「IR誘致、ぼろくそに言われている」 市内会合でこぼす

  2. 新型肺炎 中国、27日から海外団体旅行禁止 春節期、観光に影響必至

  3. 松尾貴史のちょっと違和感 河井前法相・案里夫妻 潔白なら「捜査中」でも説明可能

  4. マンホールから頭出し車と接触、死亡 下水道清掃中に 愛知・刈谷

  5. 新型肺炎 中国の死者計56人に 発症者は1975人

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです