メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

スピードスケート

五輪オーバル・フィナーレ 小平、男子500メートル出場 練習の一環で「自己最速」

女子の世界記録に0秒03差

 【カルガリー共同】スピードスケート女子の小平奈緒(相沢病院)は16日、カルガリーで国際大会「五輪オーバル・フィナーレ」の男子500メートルに出場し、記録は非公認ながら女子の世界記録と0秒03差の36秒39をマークした。

 今季最後の実戦は、標高1000メートル強の高速リンクで練習の一環として男子と一緒に滑った。「体力的に、このくらいのタイムで滑れることを確認できた。いい感覚がつかめた」と語った。

 レベルの高さを改めて示したものの、李相花(韓国)が持つ世界記録の更新は果たせなかった32歳のシーズ…

この記事は有料記事です。

残り311文字(全文573文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. れいわへの寄付4億円超える 山本氏「おかず減らしてくれたおかげ」
  2. 政党要件という両刃の剣…なぜ「れいわ新選組」はテレビに映らないのか
  3. れいわ山本代表「落選なら次は衆院選に」
  4. 元「モー娘。」メンバー、立憲新人の市井氏が比例で落選
  5. れいわで国会バリアフリー化求められる 重度障害・ALS患者の舩後氏初当選

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです