メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

季語刻々

葛飾や桃の籬も水田べり

 ◆昔

葛飾や桃の籬(まがき)も水田べり 水原秋桜子

 葛飾は江戸川下流の左岸、今の千葉県市川市あたり。「桃の籬」は桃の花の咲く垣根。その垣根は水田のそばにあるのだ。この句、秋桜子の代表作だが、私は杜牧の詩「江南の春」を連想する。「千里鶯啼(うぐいすな)いて 緑(みどり)紅(くれない)に映ず/水村山郭(…

この記事は有料記事です。

残り84文字(全文234文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ジョーカー 主演ホアキン・フェニックスが語る壮絶減量の裏側 監督に怒りをぶちまけたことも…

  2. 郡山市の浸水地域や周辺で空き巣相次ぐ 貴重品放置しないで

  3. 少年野球のバス、土手から転落 19人が軽いけが 福岡・うきは市

  4. ニュージーランド3大会連続の準決勝進出 アイルランドに圧勝

  5. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです