メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

GetNavi

仕事環境の見直しはマウスから! 薄さを追求したエルゴマウス「400-MA114」(GetNavi web)

情報提供:GetNavi web

サンワサプライから、長時間マウスを使用しても肩や手首が疲れにくい、エルゴノミクス形状がさらに薄くなったエルゴマウス「400-MA114」を発売しました。実売価格は2979円です。

 

 

有線タイプの400-MA114のほかに、2.4GHzワイヤレス対応の「400-MA115」(実売価格は2979円)とBluetooth対応の「400-MA116」(実売価格は3280円)もラインナップされます。サイズは約W68×D118×H66mm、質量は約161g/約94g(114/115、116。電池含まず)となります。

 

 

エルゴノミクス形状は上から手を乗せるのではなく、横から軽く手を添えて使える設計で、手首のひねりを軽減します。自然な角度でにぎることができるので、長時間使用しても手首に負担がかかりません。従来のエルゴノミクス形状マウスよりスリムなので握りやすいです。

 

 

マウス筐体のサイドに戻る・進むボタンを搭載しており、Webブラウザの操作がスピーディに行えます。MacBookシリーズには非対応。カウント切替ボタンで用途に合わせて、カーソルスピードを切替えることが可能です。

 

長時間のデスクワークが原因で、腱鞘炎に悩まされる人も少なくないと聞きます。快適な仕事環境作りのためにも、ぜひマウスを見直してみてください。

【関連記事】
「SDカードどこやったけ?問題」を防ぐ一芸に秀でた「SDカードケース」5選
【2019年最新版】カンタンになった!LINEアカウントを引き継ぐ方法【LINE】
2020年に向けてオープンした世界最大級のショールーム「Galaxy Harajuku」、一言では表せないその全貌と見どころは?
このディスプレイなら自宅作業が捗りそうだ! 長時間使用向けの15.6型ノートPC「A515-53-H58U/K」
【増税前に買うべきモノ】狙い目は「やや盛り目」スペック! 今こそ買い時のノートPC8選

情報提供:GetNavi web


おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  2. 台風19号 「公邸待機」の安倍首相批判を問う

  3. 気象庁、台風19号を命名へ 42年ぶり

  4. 平均39.2%、最高53.7% ラグビーW杯日本戦 関東地区視聴率で今年1位

  5. 「規律と自主性」ぶつかり合い、そして歩み寄ったリーチ主将とジョセフHC 

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです