メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

GetNaviライフスタイル

頭が冴えない人はご用心! 「音楽と集中力」の不都合な真実(GetNavi web)

情報提供:GetNavi web

仕事中の音楽についてどう思いますか? 大方の意見は「音楽があったほうが捗る」と「音楽は気が散る」とに分かれるでしょう。では、どちらの方が本当にパフォーマンスは上がるのでしょうか? イギリスとスウェーデンの研究者たちが発表した最新の論文によると、音楽はクリエイティビティを高めるという「常識」は疑ったほうがよさそうです。

 

耳慣れた歌詞は耳障り

イギリスのランカスター大学とセントラル・ランカシャー大学、スウェーデンのイエブレ大学の心理学者たちが共同で行った人間のパフォーマンスとバックグラウンド・ミュージックの影響について調べる実験についてご紹介します。

 

実験では、外国語の歌詞がある音楽と、歌詞のないメロディーだけの音楽、耳慣れた歌詞付きの音楽の3種類で実施。被験者たちには音楽がかかっている環境のなかで3つの単語が提示され、それらにある1つのワードを付け加えて、別の単語として成立させるというテストを受けてもらいました。例えば、「dress、dial、flower」という3つの単語が提示された場合、答えは「sun」。もとの3つの単語は、「sundress(サンドレス)、sundial(日時計)、sunflower(ひまわり)」となります。

 

この実験の結果、音楽が一切ない静かな環境下に比べて、音楽がかかっているとテストの結果が悪いことがわかりました。特に耳慣れた歌詞付きの音楽については、クリエイティビティを著しく害するとわかったのです。言語性ワーキングメモリが、音楽によって阻害されると考えられるわけです。

 

ちなみに、音楽なしの静かな環境と、図書館で聞こえる物音については、この実験では違いが見られませんでした。

 

音楽よりもマインドフルネス

確かに何かに集中しているとき、日本語の歌詞がメロディーで流れてきたり、ラジオで日本語の会話が耳に入ったりすると、思考が邪魔されるように感じる方もいるかもしれません。

 

この実験結果から言えるのは、仕事中に音楽をかけるのは必ずしも有効ではないということ。もし音楽をかけるなら、外国語の歌詞の音楽か歌詞のないメロディーだけの曲の方がいいでしょう。集中する必要があるのなら、本当に静かな環境がベストだと言えます。

 

BGMやラジオをかけているオフィスとそうでないオフィス、ヘッドホンやイヤホンで個々に音楽を聴いてもよいオフィスなど、様々な職場環境があるでしょう。しかし、音楽を聴いているのに頭が冴えないという方は一度反省してみたほうがいいかもしれません。自分のパフォーマンスが最大になるにはどんな環境がいいのか、音楽の種類を変えるなどしながら、いろいろと試してみてくださいね。

【関連記事】
災害時のトイレ問題について考える――LIXILの「レジリエンストイレ」が目指すもの
ゴミ分別が徹底された結果、ゴミが街に溢れた!? イタリアのゴミ事情はこんな感じ
「宇宙開発」が身近になる! 「JAXA」が初のクラウドファンディングに挑戦
おっさんのオアシス!? 50手前のおじさん、「カプセルホテル」に初チャレンジ!
「地球は青かった」は過去の話!? 海の色の変化が示す「気候変動」の恐ろしさ

情報提供:GetNavi web


おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鼻出しマスク受験「眼鏡が曇るから」 釈放男性、トイレにこもった訳は

  2. 「なぜ?なぜ?なぜ娘だったのか」 福岡・商業施設女性刺殺、被害者の母

  3. 「1日で49人の相手を…」 過酷な労働、波乱の人生赤裸々に 「からゆきさん」肉声テープ発見

  4. 飛行機マスク拒否 大学職員「容疑と事実違う」 捜査車両でも着用しなかった理由

  5. マスク拒否し緊急着陸させた大学職員逮捕 威力業務妨害などの疑い 大阪府警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです