メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

パナソニック「再スタート」は米中に軸足 津賀社長インタビュー

パナソニック津賀社長の7年間と最終損益の推移

 収益改善に向けてパナソニックが構造改革を再加速させる。長期的な将来像と一致しない事業や不採算事業などは売却を含めて検討し、事業構成の見直しを図る。2019年度を「転換期。足元を見つめ直して再スタートしたい」と捉える津賀一宏社長がこれから軸足を置くのは、中国と米国だ。

 「パナソニックに社名を変え、三洋電機と松下電工を統合してから10年たった。トータルとして考え、全てパナソニックでやるのが正しいやり方なのか疑問に感じてきた」。毎日新聞のインタビューに応じた津賀社長は冷静に振り返った。「30年という将来を見た時、コア(核)となる事業は何か。はっきりさせる必要がある」

 見直しの象徴的なケースが、電気自動車(EV)など向けの角形電池事業だ。三洋電機から受け継いだ「虎の…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 結婚できない男 阿部寛主演ドラマが13年ぶり復活! 続編が10月期放送
  2. 池袋暴走 元高級官僚だから? 「なぜ運転手が逮捕されないのか」疑問の声噴出
  3. 東京・池袋の暴走 「さん」付け/元院長/匿名… 新聞社、呼称対応分かれ
  4. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  5. NGTから卒業の山口真帆「アイドル辞める」 芸能活動は続行「夢に向かって」(スポニチ)

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです