メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

創業者・深山氏が深く関与 組織ぐるみの不正強まる レオパレス調査委報告

 レオパレス21の外部調査委員会が18日まとめた賃貸アパートの施工不良問題に関する中間報告では、入居者の安心・安全よりも施工業務の効率を優先したゆがんだ企業体質が浮き彫りになった。報告書は外壁などに設計図と異なる発泡ウレタンが使用されたことについて、同社創業者の深山祐助元社長の関与を指摘。深山元社長のトップダウンによる効率優先主義が「法令や品質を軽視する原因・背景」としており、組織ぐるみの不正の疑いが強まった。

 「施工業務の効率化を目的に、発泡ウレタンを使用する方向性を示した」。外部調査委から不正への関与をこ…

この記事は有料記事です。

残り953文字(全文1210文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 幼稚園児の娘の絵を完全再現…“究極のキャラ弁”披露する芸人父「弁当作りで成長見える」
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. ORICON NEWS RAG FAIR 奥村政佳が脱退「政治の道へと進む決心をしました」
  4. WEB CARTOP 日産GT-Rのイベントにボコボコの事故車2台が展示された理由とは?
  5. 「誠に申し訳ございません」辞職の堺市長 “維新の刺客”はね返した力強さ消え

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです