メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

北限のツバキから酵母で日本酒 青森・八戸高専など3年かけ開発

日本酒「ら ら ら」を披露する関淑楓さん(中央)ら関係者=青森県の八戸高専で、塚本弘毅撮影

 八戸高専(青森県八戸市)などが、北限のツバキから採取した新しい酵母「八戸高専 椿山(つばきやま)酵母」を使った日本酒「ら ら ら」を完成させた。同高専と関之井酒造(むつ市)、県産業技術センター弘前工業研究所(弘前市)などが産学官連携で3年かけて研究開発。フルーティーな味わいの低アルコールに仕上がり、21日から発売予定。【塚本弘毅】

 椿山酵母は、「ツバキ自生北限地帯」として天然記念物に指定されている夏泊半島(平内町)の「椿山」のツ…

この記事は有料記事です。

残り474文字(全文691文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「名古屋走り」不起訴から一転起訴

  2. 常勝ホークス作った王さん 「俺は本当に悔しい」深夜の激白から19年目の雪辱

  3. ドレスコード違反? 「違和感」招いた安倍昭恵氏の即位礼の衣装とは

  4. 「前代未聞」元看護助手「自白維持」の上申書書かされる 滋賀・病院患者死亡

  5. 「パパ活」「ママ活」待った! 埼玉県警、ツイッターで警告配信

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです