メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ホントは優しい「ロックンロール」 内田裕也さん、孤軍奮闘の美学貫き

樹木希林さんの葬儀会場に入る内田裕也さん=東京都港区で2018年9月30日午前9時5分、和田大典撮影

 自ら口に出す「ロックンロール」「シェキナベイベー」が合言葉。世間をにぎわせたことも多々あった。そしてコワモテ。なのに別居が続いた奥様、樹木希林さんと離婚はせず、娘婿は本木雅弘さん。かわいい孫もいる……。内田裕也さんの一般のイメージはそんな感じだろうか。

 内田さんの晩年、吉本興業などが2014年から開く京都国際映画祭でお話を聞くことができた。すでに白髪の長髪で、ステッキを持ち、「何かあればこれで殴られるかもしれない」などとちらり、頭によぎったが、そんなことはない。取材したことのある記者なら、内田さんが実に優しい語り口調で、人と会い話すのが好き。そしてそのパーソナリティーに引き込まれる魅力に気付かされたことだろう。

 この時に上映された、1986年公開のマスコミ報道をテーマにした映画、滝田洋二郎監督「コミック雑誌な…

この記事は有料記事です。

残り851文字(全文1211文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 天皇陛下即位パレード 延期を検討 台風被災地に配慮

  2. 台風19号 寝室で増水 目の前で夫「世話になったな」…86歳妻「1人はつらい」福島・いわき 

  3. 「チケット当選してるんですけど…」戸惑いのツイートも 五輪マラソン札幌検討

  4. マラソン・競歩会場変更 森会長「やむをえない」 現場の衝撃、費用膨張懸念も

  5. 「まさに青天のへきれき」 五輪マラソン札幌開催検討で小池知事

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです