メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ミツマタ、春本番 かれんに甘く 大分・九重町 

甘い香りが漂うミツマタの群落=大分県九重町で、楢原義則撮影

 「平家落人の里」伝説で知られる大分県九重町野倉地区の山林の斜面に広がるミツマタの大群落(約5ヘクタール)が甘い「春本番」の香りを漂わせている。現在は4分咲きでこれからピークを迎えるが、淡黄色のかれんな花を楽しみに県内外から多くの人たちが足を運んでいる。

 ミツマタの皮は和紙の原料として知られるが、約…

この記事は有料記事です。

残り123文字(全文273文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「カスハラ」労災10年で78人、24人が自殺 悪質クレーム対策急務

  2. 「名古屋走り」不起訴から一転起訴

  3. ドレスコード違反? 「違和感」招いた安倍昭恵氏の即位礼の衣装とは

  4. 「パパ活」「ママ活」待った! 埼玉県警、ツイッターで警告配信

  5. 菅原経産相 新たに香典疑惑 「事実ならアウト」自民党内にも進退問う声

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです