メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東日本大震災の津波の上を飛んだ海保ヘリ 今月で引退

飛び立つSH176おおるり=宮城県岩沼市の海上保安庁仙台航空基地で、米田堅持撮影

 東日本大震災による津波が発生した2011年3月11日に、宮城県沿岸部を飛行していた海上保安庁のヘリコプター「おおるり1号」が22日に引退する。20日には、震災遺構として保存されている仙台市立荒浜小学校上空で最後の訓練に臨む。ともに空を駆けた飛行士や整備士は寂しさを感じつつも、震災当時の沿岸部での被災者捜索・救出をふり返りながら同機への感謝の気持ちを表した。【米田堅持】

この記事は有料記事です。

残り1982文字(全文2168文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 死者54人不明17人 避難者3万8000人 雨に警戒を 台風19号

  2. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  3. 台風19号で長野のライフラインにも打撃 1万1000人態勢で復旧作業

  4. 路上生活者、台風19号の避難所入れず 台東区「住所ないから」

  5. 平尾誠二さん死去 800人が感謝 山中所長「治せなかった」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです