メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

極彩色壁画発見から36年 キトラ古墳関係者、 国宝指定に喜びと感慨

 奈良県明日香村の国特別史跡・キトラ古墳の極彩色壁画が、国宝に指定される。古墳発見から47年、壁画の確認から36年。古墳の調査などに携わった関係者からは喜びと感慨の声が聞かれた。

 同じ明日香村にある高松塚古墳の国宝壁画は、後に劣化が大きな問題になった。キトラ古墳は最新技術を使い、慎重な調査が行われた。

 キトラ古墳は高松塚壁画が確認された直後の1972年、地元の歴史愛好家でつくる「飛鳥古京顕彰会」の上…

この記事は有料記事です。

残り551文字(全文752文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 米朝首脳「そっくりさん」大阪入り 「サミット成功願うよ」
  2. 三原じゅん子議員「愚か者の所業」って…「謙虚さ忘れた圧政者」と批判
  3. 埼玉県に9200万円賠償命令 訓練中の機動隊員溺死
  4. ノロウイルスで0歳男児が死亡 岐阜・各務原
  5. 韓国軍の竹島訓練に外務省抗議「あきれるほど無神経」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです