「IE前提のオンラインサービスやめよ」大阪市議会が意見書可決

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
インターネット・エクスプローラーからの移行を促したマイクロソフト日本法人の昨年7月のブログ=2019年3月18日、高橋望撮影
インターネット・エクスプローラーからの移行を促したマイクロソフト日本法人の昨年7月のブログ=2019年3月18日、高橋望撮影

 旧式のインターネット閲覧ソフト(ブラウザー)のインターネット・エクスプローラー(IE)に情報漏えいのようなセキュリティー上の問題が起きる可能性があるなどとして、大阪市議会は、IEの使用を前提としたオンラインサービスをやめるよう国に求める意見書を全会一致で可決した。広く普及するIEからの脱却を図る公的な意思表示は異例だ。

 開発元のマイクロソフト社自体が、IEを使い続けるのは危険だとして、使用をやめて最新ブラウザーに乗り換えるよう勧めている。IE10とIE9など同社のサポートが終わったものはセキュリティー上、危ないという。

この記事は有料記事です。

残り416文字(全文679文字)

あわせて読みたい

注目の特集