メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

あの人に会った

チェロ奏者 宮田大さん

[PR]

 ◆いにったひと

     ほり菜乃なのさん 埼玉県さいたまけん上尾あげお市立しりつ上尾あげおしょうねん

    メロディーも伴奏ばんそうける

     まいしょう特派とくはいんほり菜乃なのさんは、3さいときにチェロをはじめました。世界せかい活躍かつやくするあこがれのチェロ奏者そうしゃ宮田大みやただいさんに、チェロの魅力みりょく印象いんしょうのこ演奏えんそうについてきました。

     ほりさん 小学生しょうがくせいときはどんなどもでしたか。

     宮田みやたさん 毎日まいにち時間じかんかけて、やまえて小学校しょうがっこうかよっていたのですが、かえりはいつもみちをして、サワガニをとったり、どんぐりをひろったりしていました。好奇心こうきしん旺盛おうせいだったのかな。

     ほりさん どものときになりたかった職業しょくぎょうは。

     宮田みやたさん 最初さいしょはパイロットになりたかったです。そのは、うみもの研究けんきゅうする海洋かいよう生物学せいぶつがくしゃになりたかったです。でも、3さいからチェロをやっていて、結局けっきょくそのまま自分じぶん得意とくいなことをつづけています。

     ほりさん 音楽おんがく以外いがいで、いまきなことはなんですか。

     宮田みやたさん スキューバダイビングでうみもぐるのがきです。

     ほりさん これまでで一番いちばん印象いんしょうのこっている演奏えんそうは。

     宮田みやたさん 小澤征爾おざわせいじさんが指揮しきするオーケストラとの共演きょうえんです。最初さいしょ高校こうこうねんせいときに、2かい大人おとなになってからだったのですが、小澤おざわさんがぼく成長せいちょうてくれているのが演奏えんそうちゅうつたわってきて、感電かんでんしたようにからだふるえて、なみだてきました。

     ほりさん 演奏えんそうちゅうはどんなことをかんがえていますか。

     宮田みやたさん 練習中れんしゅうちゅう楽譜がくふますが、本番ほんばんではできるだけ暗記あんきしておいて、楽譜がくふないようにします。そして、イメージをふくらませます。たとえば、壮大そうだい広々ひろびろとしたきょくなら砂漠さばくおもかべたり、あたたかさをかんじるきょくなら草原そうげんおもかべたりします。ほかにも、「さむいところにひとりぼっちでいるかんじ」「たきまえあたたまっている」など、きょくわせていろいろ想像そうぞうしながら演奏えんそうします。

     ほりさん チェロ以外いがいでやってみたい楽器がっきはありますか。

     宮田みやたさん ソプラノサクソフォンです。サクソフォンとチェロはおとていますよね。

     ほりさん チェロの魅力みりょくはどんなところにあるとおもいますか。

     宮田みやたさん うーん、そうだなあ。ほりさんはなぜチェロをはじめたの?

     ほりさん 最初さいしょは、おおきくてかっこよかったからいいなとおもいました。いまふと音色ねいろきだし、たかおともきれい。音域おんいきひろいところがきです。

     宮田みやたさん そうだね。チェロは、メロディーも伴奏ばんそうけるし、たのしい楽器がっきだよね。ぼく人間にんげんこえているとおもいます。チェロをやっているひとは、おおらかなひとおおいとよくわれているよ。【まとめ・大井おおい明子あきこ

    ってみて…

     まえからあこがれていたので、えて本当ほんとうにうれしかったです。とてもやさしく丁寧ていねいこたえてくれたので、はなしやすかったです。


     1986ねんまれ、栃木県とちぎけん出身しゅっしん。2009ねんにロストロポービチ国際こくさいチェロコンクールで日本人にっぽんじんとしてはつ優勝ゆうしょう国内外こくないがい演奏えんそう活動かつどうおこなうほか、テレビの音楽番組おんがくばんぐみなどにも出演しゅつえんしています。


     このコーナーは、毎小特派員まいしょうとくはいんのみなさんと取材しゅざいします。直接会ちょくせつあって質問しつもんしてみたいひと名前なまえをはがきにいて(あなたの名前なまえ住所じゅうしょ電話番号でんわばんごう学年がくねんもね)、〒100-8051(住所じゅうしょはいりません)毎日小学生新聞まいにちしょうがくせいしんぶんいたい」がかりまで。特派員とくはいん登録とうろくは「特派員とくはいんがかりまで。

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 気象庁、台風19号を命名へ 42年ぶり

    2. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

    3. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

    4. 家も畑も「本当に無くなっちゃった」 「次はすぐ逃げる」 住民ぼうぜん 堤防決壊の千曲川

    5. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです