メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

平川の後方にそびえる岩木山=青森県藤崎町で2018年11月、藤田晴雄撮影

 英国人旅行作家、ブルース・チャトウィン(1940~89年)は、歩くことの重要さを、情熱を持って信じていた。人間の問題は、そもそも定住して動き回らなくなったことから始まると主張している。彼は何年間も、「遊牧民の選択」という本を書くつもりでいたが、ロンドンを去ってパタゴニアを歩き回っている時、作家としての内なる声に気づくことになる。

 88年の夏、私は初めて日本を訪れた。19歳だった。東京から京都、新潟から札幌へと、街の中心を旅して回った。しかし岩手県の盛岡近くでは、歩いて旅行することにした。夏が終わるまでの間、東北の原野をぶらぶらと歩き回り、高い山々に登り、人里離れた半島を探検し、火山湖の周りを歩き回った。山形県の月山や、宮城県の蔵王など多くの山に登ったが、私の記憶に残っているのは青森県弘前市から望む堂々とそびえたつ岩木山で…

この記事は有料記事です。

残り865文字(全文1231文字)

ダミアン・フラナガン

ダミアン・フラナガン(Damian Flanagan) 1969年英国生まれ。作家・評論家。ケンブリッジ大在学中の89~90年、東京と京都に留学。93~99年に神戸大で研究活動。日本文学の修士課程、博士課程を経て、2000年に博士号取得。現在、兵庫県西宮市とマンチェスターに住まいを持って著作活動している。著書に「世界文学のスーパースター夏目漱石」。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「NEWS」メンバーがコロナ感染 加藤シゲアキさんと小山慶一郎さん

  2. 「菅語」を考える 論理的でない受け答え「首相の器ではない」 上西充子法政大教授

  3. 乱交パーティー数十回主催 福岡県警職員を懲戒免職、売春防止法違反で起訴

  4. 重症者440人 急速に状況悪化 病床使用率も全国的に上昇 医療崩壊懸念

  5. 特権を問う 地位協定60年 米軍私有車、税減免14億円 政府間合意、自治体反発 19年度

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです