メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

世界の雑記帳

「気候変動は闇の魔法使いより悪い」、世界で学生が抗議デモ

 3月15日、世界各地で15日、数万人の学生が政府に対し気候変動への対策強化を求め、学校を欠席して抗議デモを行う「未来のための金曜日」運動に参加した。写真はオーストリアのウィーンで撮影(2019年 ロイター/Leonhard Foeger)

[PR]

 [シドニー/ロンドン 15日 ロイター] - 世界各地で15日、数万人の学生が政府に対し気候変動への対策強化を求め、学校を欠席して抗議デモを行う「未来のための金曜日」運動に参加した。

 ウェリントンの学生は、人気小説「ハリー・ポッター」に登場する闇の魔法使いの名前を引き合いに「気候変動はヴォルデモートより悪い」と手書きしたプラカードを掲げた。シドニーで掲げられたプラカードには、「海面は上昇している。われわれも立ち上がる」と書かれていた。

 欧州でも、パリ、マドリード、ローマ、ブリュッセルなどの都市で学生らが通りや広場に集結。米ワシントンでは、議会前を行進した学生1500人が「いますぐ気候変動対策を」と連呼した。

 こうした抗議運動は昨年8月、16歳のスウェーデン人女子学生グレタ・トゥンベリさんが始めた運動が広がったもの。トゥンベリさんはノーベル平和賞候補に推薦されている。

 トゥンベリさんは15日、ストックホルムで行われたデモで演説。「私たちはほかならぬこの世界に生まれてしまった。私たちも、私たちの子どもたちも、将来の世代も、一生涯、この危機とともに暮らさなければならない。私たちは、それを受け入れはしない。私たちは、未来が欲しいからストライキを行っている。これからも進み続ける」と述べた。

 グテレス国連事務総長は15日夜、ツイッターで「若い人々は世界を変えることができ、実際に変えている」と支持を表明した。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 金沢市内の男子中学生陽性 感染者の家族 症状なし、学校は休校に 新型肺炎

  2. 新たに25人感染 ほとんど経路不明 クルーズ船下船者が陽性 新型肺炎

  3. 名古屋高速の事務員が感染判明、料金所5カ所閉鎖 新型肺炎

  4. 新型コロナ「花見川区の中学校教諭り患」「安易に校名広げない配慮を」 千葉市長がツイート

  5. 新型肺炎対応の医師ら「バイ菌扱い」 子どもに登園自粛要請 日本災害医学会が抗議

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです