メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

WEB CARTOP

交通事故の32%が追突事故! 適正な車間距離を取るべき本当の理由3つ

情報提供:カートップ

交通事故の32%が追突事故! 適正な車間距離を取るべき本当の理由3つ

前走車に近づきすぎると視界が狭くなる

 あおり運転の話題が続いているが、悪質なあおり運転は論外として、適正な車間距離をキープしないのは、そもそも安全上に大きな問題がある。

 道路交通法にも、「車両等は、同一の進路を進行している他の車両等の直後を進行するときは、その車両が急に停止したときにおいてもこれに追突するのを避けることができるため必要な距離を、これから保たなければならない(26条1項)」とあるにもかかわらず、車間距離保持義務違反で捕まるドライバーは後を絶たない(高速道路では、速度超過、通行帯違反に次ぐ3番目の件数)。

車間距離

 こうした違反が多いのは、適正な車間距離がわかっていないのと、その危険性の理解度が低いからだろう。十分な車間距離を確保しなければいけない理由は、3つある。

 ひとつは安全上の理由。道路交通法に明記されているとおり、前走車が急ブレーキをかけたときでも追突事故を起こさないためというのが主な理由になる。

車間距離

 交通事故全体の約32%が追突事故で、交通事故の死傷者数も約35%が追突事故という統計を見ても、車間距離の重要性がわかるはず。

 また地面に落下物が落ちていたときも、車間距離が近いとそれを避ける余裕がなくなるし、飛び石なども喰らいやすくなる。

 前走車に近づきすぎると、視界そのものが狭くなるので、アクシデントに気づき反応するのも遅くなり、避けられる事故も避けられなくなる。

【続きはこちら】


情報提供:カートップ

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  2. 池袋で乗用車とごみ収集車が衝突 女性と子供が意識不明 10人けが
  3. 池袋暴走事故 亡くなった松永さん親族ぼうぜん「だまされているような」
  4. 池袋事故 87歳運転の車は150m暴走 自転車の母娘死亡
  5. 交通安全教室でスタントマンの男性死亡 事故再現で 京都

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです