メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

私の記念碑

落語家 桂吉弥/3 朝ドラの大波に乗る

「ちりとてちん」撮影合間のショット。夫婦を演じた女優の押元奈緒子さんと=本人提供

 上方落語界では早くから実力派として注目されていた桂吉弥を一躍売れっ子の座に押し上げたのは、2007~08年放送のNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「ちりとてちん」だった。不器用だが人一倍落語愛の強いヒロインの兄弟子・徒然亭草原(つれづれていそうげん)を好演。共演者からいまだに「吉弥さんのためのドラマやん。ずるいわ」と冷やかされるほど、吉弥にも上方落語界にも追い風となった作品で、「落語愛のある脚本が素晴らしかった」と振り返る。

 ドラマをきっかけにファンの裾野は一気に広がり、各地で独演会を開くことが増えた。入門15年に満たない…

この記事は有料記事です。

残り548文字(全文811文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 山田太郎票515票を山本太郎票に 職員思い込みで富士宮市選管集計ミス
  2. 京アニが支援金受け付け口座開設 詳細はホームページに掲載
  3. 清水圭、吉本社長・岡本氏に恫喝された過去告白「話を聞かずいきなり…私の時と全く同じ」(スポニチ)
  4. 政党要件という両刃の剣…なぜ「れいわ新選組」はテレビに映らないのか
  5. れいわへの寄付4億円超える 山本氏「おかず減らしてくれたおかげ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです