メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

となりのファーマー

/36 畑中喜幸さん(大阪府八尾市) 「やーごんぼ」100年の知恵で

特注のスコップを手にする畑中喜幸さん=大阪府八尾市で、松井宏員撮影

 今が旬の「八尾若ごぼう」は、大阪府では「泉州水なす」に次いで地域団体商標に登録されたブランド野菜だ。収穫真っ盛りの大阪府八尾市を訪ねた。

 市内で屈指の作付面積を持つ畑中喜幸さん(52)の畑では、長い茎の先に青々とした葉が茂っていた。フキに似ている。引き抜いた若ゴボウの根は短く、ゴボウのイメージからは遠い。根から葉まで食べられ、正式には葉ゴボウという。

 父晃さん(78)、息子の勇人さん(27)と親子3代で収穫作業中の畑中さんが「おじいちゃんの代から若…

この記事は有料記事です。

残り1696文字(全文1923文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 金融庁「老後最大3000万円必要」独自試算 WGに4月提示
  2. 鮮明な写真公開 タンカー攻撃で 米政府 「イラン関与」を改めて主張
  3. 関西テレビ「ヘイト」放送 民族・女性差別発言編集せず
  4. ピエール瀧被告に判決 懲役1年6月、執行猶予3年 麻薬取締法違反で
  5. 国家戦略特区 政府ワーキンググループ委員関連会社 提案者から指導料200万円、会食も

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです