メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日本酒

「オール佐野産」完成 「農業を元気にしたい」 若手農家ら6次産業化 /栃木

 佐野市内の若手農家グループが原料米の栽培からラベル作りまでを手掛けた日本酒「農家の汗」が完成した。宇都宮大が育成した主食用の米「ゆうだい21」を使い、同市田島町の酒蔵「第一酒造」(島田嘉紀社長)が醸造した純米酒。メンバーは「オール佐野産の酒で農業を元気にしたい」と意気込んでいる。【太田穣】

 グループは市内の20~30代の農家10人で作る市青少年クラブ協議会(篠崎浩治会長)。「米を中心に据え、稼げる農業」を模索しており、2016年から5カ年計画でオリジナルの日本酒造りプロジェクトを進めてきた。

 酒米の試験栽培や醸造過程の見学などを経て、「佐野でしか手に入らない唯一無二の酒」をコンセプトに据え…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 死亡女性は20歳大学生、男性は23歳アルバイト 運転手「ブレーキ踏み発車作業中に急発進…」 神戸・バス事故
  2. 神戸で市バス、多数はねる 男性1人死亡、女性2人心肺停止 64歳運転手逮捕
  3. 神戸市交通局「心からおわび」 逮捕の運転手、朝のアルコール検査で異常なく 神戸・バス事故
  4. 心肺停止の女性死亡、死者2人に 逮捕の運転手「発車しようとしたら急発進」 神戸・バス事故
  5. 官邸・与党「ちぐはぐさ」露呈…補選2敗 安倍政権、影響抑えに躍起

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです