メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

なり手がいない・地方議会の行方

/4止 小布施町 町民と議員で検討会 危機、問題意識を共有 /長野

新人の立候補生む効果も

 「議員さんってやっぱり遠いんですよ」。平日夜の小布施町役場講堂。円形に机が並べられ、数メートル先の正面にいる町議に言った。「映像だと議会は淡々としているように見える」と町民が言えば、「議会が見えない。もっと見える化をしなくてはならない」と町議も発言した。3月中旬、子育て世代から企業を定年退職した人など30~60代の男女9人と現職の議員の7人が向き合い意見を交わした。

 町議会が昨年8月に設置した「議員のなり手不足検討会」での一場面だ。2011、15年の統一地方選で行…

この記事は有料記事です。

残り973文字(全文1219文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「児童が危険と…」 小学校前の通学路に白色スプレーで“停止線” 福岡の校長を書類送検
  2. 台湾東岸・花蓮でM6.1地震 震源の深さ18キロ
  3. もとをたどれば リクシルグループ 「住」と「生活」豊かさ願い
  4. 大阪・御堂筋で事故 軽ワゴン車横転、歩道に乗り上げ 繁華街が一時騒然
  5. 在職老齢年金の廃止検討 政府・与党、高齢者の就労促す 高所得者優遇懸念も

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです