メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

人事

県教委 公立高教頭ら711人異動 新任・新規採用は144人 /長野

 県教育委員会は18日、公立高校の教頭、副校長ら711人分の異動を発表した。内訳は高校の副校長3人、教頭48人、教諭ら621人、県教育事務局39人。発令は4月1日、退職は3月31日。

 転任は417人、退任は150人、新任・新規採用は144人。新任の平均年齢は副校長54・7歳、教頭52歳。転任・退職する教頭の平均在職年数は2・1年だった。【ガン・クリスティーナ】

 副校長、教頭、県教委事務局の異動者は次の通り(定は定時制、通は通信制)。=敬称略

この記事は有料記事です。

残り1975文字(全文2197文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. れいわへの寄付4億円超える 山本氏「おかず減らしてくれたおかげ」
  2. 政党要件という両刃の剣…なぜ「れいわ新選組」はテレビに映らないのか
  3. 比例代表、れいわ2人目当選 重度身障者の木村さん
  4. れいわ山本代表「落選なら次は衆院選に」
  5. れいわで国会バリアフリー化求められる 重度障害・ALS患者の舩後氏初当選

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです