メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

’19知事選

データで見る県政の課題/上 2.5倍 10万人あたりの医師数の地域間格差 偏在大きく打開策なく /三重

 全国36位。人口10万人あたりの医師数を都道府県別に比較した時の三重の順位だ。県内の医師不足は長年の課題だが打開策は見えない。地域や診療科目による医師の偏在も大きい状況が続いている。

 厚生労働省の調査(2016年末現在)によると、県内の人口10万人あたりの医師数は217・0人。全国平均の240・1人を大きく下回る。医師不足は、医師の過酷な勤務や患者の通院負担増になるだけでなく、救命率の低下にもつながりかねない。

 診療科別で見ると、内科80・7人(全国平均85・0人)▽外科17・3人(同18・1人)▽小児科11…

この記事は有料記事です。

残り959文字(全文1217文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. インドネシア選管「職員119人死亡」 大統領選と総選挙で「過労」
  2. アクセス NGT48・山口真帆さん卒業表明で運営側への批判再燃 識者は「最悪の幕切れ」
  3. 都構想再び堺が浮上 将来的に再編意向
  4. みんなのごみ 廃品回収 紛れる違法業者
  5. 暴行容疑 「ごみ屋敷」片付け女性に激高 61歳住人逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです