メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

人事

府警(その1) /大阪

人身対策室を新設 G20控え5000人異動

 府警は19日付で発令する春の人事異動を発表した。警部補以下を含めた異動総数は約5000人(署長49人、副署長53人)。大阪で日本初となる主要20カ国・地域(G20)首脳会議の開催を6月に控え、例年の約6000人と比べて小規模となった。安井正英・総務部長や大西隆志・地域部長ら約540人が退職する。昨年8月に起きた富田林署の逃走事件を受け、各署の留置管理業務の指導に専従する係を本部に新設。また、ストーカーやDV(ドメスティックバイオレンス)、高齢者の行方不明事案、児童虐待の初動対応を担う「人身安全対策室」を4月1日付で発足させる。捜査1課員の兼務も含めた約70人態勢で、窓口を一元化して対策を強化する。このほか、特殊詐欺事件の専従捜査員を増員する。【三上健太郎】

この記事は有料記事です。

残り8514文字(全文8868文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「児童が危険と…」 小学校前の通学路に白色スプレーで“停止線” 福岡の校長を書類送検
  2. 台湾東岸・花蓮でM6.1地震 震源の深さ18キロ
  3. 首相側近・萩生田氏、増税先送り可能性に言及 与党にも波紋「何を勝手に言っているんだ」
  4. 投票済み証明書でコーヒー無料 新潟県議選の「投票割」に市選管が異議
  5. 千葉 「記憶ない…」私立高副校長が泥酔し女湯に侵入

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです