メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

文化審答申

阿須賀神社の出土品350点、一括で国重文に 中世熊野信仰の資料 /和歌山

(上)鏡に大威徳明王像を線刻した「鏡像」、(下)浮き彫りの別像を取り付けた「懸仏」=いずれも和歌山県新宮市教委提供

 国の文化審議会は18日、新宮市阿須賀(あすか)の阿須賀神社境内から出土した中世の熊野信仰のあり方を伝える出土品350点を一括して、重要文化財(美術工芸品・考古資料の部)に指定するよう文科相に答申した。これで県内の重要文化財(美術工芸品)は計310件になる。

 新たに重要文化財になるのは、平安時代末期から室町時代にかけての御正体(みしょうたい)を中心とした資料。御正体は、ご神体である鏡に本地仏の像を…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. トランプ氏大相撲観戦 手をたたく姿皆無、腕を組む場面も 観客「何を考えたのだろう」という声も
  2. トランプ氏相撲観戦 升席観戦で厳戒態勢
  3. 名古屋・栄で男性刺され死亡 トラブルでけんかか 男1人を逮捕
  4. 北海道・佐呂間で39.5度、5月史上最高 「体温超え」北海道10カ所以上
  5. 徴用工問題 財団での救済案浮上も文在寅政権は消極姿勢崩さず

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです