メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

文化審答申

阿須賀神社の出土品350点、一括で国重文に 中世熊野信仰の資料 /和歌山

(上)鏡に大威徳明王像を線刻した「鏡像」、(下)浮き彫りの別像を取り付けた「懸仏」=いずれも和歌山県新宮市教委提供

 国の文化審議会は18日、新宮市阿須賀(あすか)の阿須賀神社境内から出土した中世の熊野信仰のあり方を伝える出土品350点を一括して、重要文化財(美術工芸品・考古資料の部)に指定するよう文科相に答申した。これで県内の重要文化財(美術工芸品)は計310件になる。

 新たに重要文化財になるのは、平安時代末期から室町時代にかけての御正体(みしょうたい)を中心とした資料。御正体は、ご神体である鏡に本地仏の像を…

この記事は有料記事です。

残り301文字(全文501文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 共産党「現行憲法に抵触」即位礼など欠席 他の主要政党は祝意

  2. 即位の礼 小ダイ姿焼き、フカヒレ茶わん蒸し、加薬飯、イセエビ吸い物…饗宴の儀、秋づくしの和食で

  3. 即位の礼 神々しさ演出 幕開き初めてお姿 即位礼 国民主権兼ね合い議論足りず

  4. 来日中のドゥテルテ大統領、饗宴の儀欠席 バイク事故で痛み、前倒し帰国へ

  5. 名阪国道、奈良知事が異例の有料化要望 トラック流入で事故や渋滞多発

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです