メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

死をみつめて

より良い生き方を/5 QOL握る「時間」「バランス」 人と関わり、笑顔と出合い /和歌山

 葬儀の仕事では、いつも「人生」について考えさせられます。「こんな風に生きられたら」「やり残したことは無いか」などと、自分に置き換えることも少なくありません。そんな日々を過ごすうち、われわれ葬儀従事者は誰もが死を迎えるということを実感するとともに、充実した人生を送りたいと強く思うようになります。

 医療や福祉の現場でよく耳にする「QOL(クオリティ・オブ・ライフ)」という言葉があります。「人はただ生きられれば良いのではなく、その生の質が大事である」という意味で、物理的にも精神的にもより人間らしく、自分らしく生きているか、自己の生に満足しているかを尺度とする考え方です。

 私はこのQOLには二つの要素があると思います。それは「時間」と「バランス」です。生きがいが生まれる…

この記事は有料記事です。

残り607文字(全文943文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. HIV感染告げなかったことを理由に内定取り消し 社会福祉法人に賠償命令 札幌地裁

  2. 千葉停電1週間なお7万戸 住宅被害3600棟超、全容つかめず 17日は暑さ注意

  3. 台風通過後、「陸の孤島」となった成田空港に響く歌声 足止めのスロバキア合唱団

  4. AV問題 元女優が目指す“抜け道ない”性病クリニック

  5. 治安 半グレ、石垣島に進出 繁華街で悪質客引き、店舗を脅迫「つぶすってことだよね」  /沖縄

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです