メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大島大橋貨物船衝突

責任制限手続き開始決定、県など独船会社に抗議文 法的措置も検討 /山口

 貨物船の大島大橋衝突事故を巡り、損害賠償の上限を定める責任制限手続きを開始する広島地裁決定を受け、県と周防大島町、柳井地域広域水道企業団は18日、船を所有する独海運会社オルデンドルフ・キャリアーズに連名で抗議文を送った。県は即時抗告など法的措置も検討している。

 抗議文は、手続きが「事前の知らせもなく唐突」に進められたうえ、約束されていた事故…

この記事は有料記事です。

残り260文字(全文432文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 人気の「金沢21世紀美術館」休館へ 混雑緩和へ改修工事

  2. インタビュー・最前線 ブロードリンク 榊彰一社長 中古PCで環境貢献 回収から卸売りまで

  3. 伝説の金融庁検査官、目黒謙一さん死去 「半沢直樹」黒崎検査官のモデル

  4. 日本政府、中村医師の襲撃情報を事前に把握 本人も警戒

  5. 道交法に「あおり運転」 即座に免許取り消し 警察庁方針

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです