メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

在日米軍再編

辺野古移設 きょう首相と沖縄知事会談

 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古への県内移設問題で、沖縄県の玉城(たまき)デニー知事は19日、首相官邸で安倍晋三首相と会談する。玉城知事が18日明らかにした。玉城知事は、政府が25日にも予定する辺野古沿岸部の新たな海域への土砂投入の中止とともに、普天間飛行場の閉鎖・返還に向けて日米両政府と県の3者で協議する場を設けるよう重ねて求める考えだ。

 玉城知事が安倍首相と会談するのは、辺野古沿岸部の埋め立てへの反対が7割超となった県民投票(2月24日)の結果を通知した今月1日以来。

この記事は有料記事です。

残り305文字(全文552文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 小学校でクラスター発生か クラスメート5人感染 北九州・新型コロナ「第2波」

  2. 「ウイルスある程度まん延」専門家が読む北九州の現状 他都市も再燃警戒

  3. まさにアリの一穴…「ツイッター世論」は、なぜ、安倍政権を動かせたのか

  4. 「警官に押さえ込まれけが」 渋谷署前で200人が抗議デモ クルド人訴えに共鳴

  5. 住みたいのは草津 県民1位、「交通の便良く人気」 ネットアンケ /滋賀

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです