メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クローズアップ2019

レオパレス施工不良 「組織ぐるみ」疑い濃厚 トップダウン体質、弊害

レオパレス21の施工不良箇所と外部調査委員会の指摘

 レオパレス21の外部調査委員会が18日まとめた賃貸アパートの施工不良問題に関する中間報告では、入居者の安心・安全よりも施工業務の効率を優先したゆがんだ企業体質が浮き彫りになった。報告書は外壁などに設計図と異なる発泡ウレタンが使用されたことについて、同社創業者の深山祐助元社長の関与を指摘。深山元社長のトップダウンによる効率優先主義が「法令や品質を軽視する原因・背景」としており、組織ぐるみの不正の疑いが強まった。

 「施工業務の効率化を目的に、発泡ウレタンを使用する方向性を示した」。外部調査委から不正への関与をこ…

この記事は有料記事です。

残り1968文字(全文2225文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「パパ活」「ママ活」待った! 埼玉県警、ツイッターで警告配信

  2. チュート徳井さん設立の会社、1億2000万円申告漏れ 東京国税局が指摘

  3. 再審無罪が確実の元看護助手、安堵の表情「両親が安心する」 滋賀・病院患者死亡

  4. ドレスコード違反? 「違和感」招いた安倍昭恵氏の即位礼の衣装とは

  5. 即位の礼 来日中のドゥテルテ大統領、饗宴の儀欠席 バイク事故で痛み、前倒し帰国へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです