メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
三菱重工

MRJは飛び立てる 泉沢次期社長、来年半ば納入に自信

インタビューに応える三菱重工業の泉沢清次次期社長=柳沢亮撮影                                                                    

 三菱重工業の新社長に4月1日付で就任する泉沢清次常務執行役員(61)が毎日新聞の取材に応じた。開発が長引いている国産初のジェット旅客機MRJ(三菱リージョナルジェット)について、目標とする2020年半ばの納入は実現できるとの見通しを示した。【柳沢亮】

 MRJは設計変更などで納期を5回延期し、初号機納入は当初計画の13年から大幅に遅れている。今月、国が安全性のお墨付きを与える型式証明の取得に向けた飛行試験が始まった。

 試験は通常1年程度かかるが、泉沢氏は20年半ばの納入目標について「変えない。現在の進捗(しんちょく…

この記事は有料記事です。

残り340文字(全文600文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「やりすぎた 反省している」あおり運転事件で容疑の男 交際相手も全面的に容疑認める

  2. 東北新幹線で走行中にドア開く 運転士が緊急停止

  3. 特集ワイド 猛暑のソウル「反日」一色と思いきや… ロウソクと太極旗、揺れる劇場都市

  4. 「前の車が遅く、運転妨害された」あおり運転 容疑の男供述 茨城

  5. あおり運転か 車止めさせ運転手の顔殴打疑い 42歳男逮捕 岐阜

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです