メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

携帯電話・ブロードバンド回線

全国サービス義務化検討 総務省の有識者会議

固定電話、スマートフォンの世帯保有数

 総務省の有識者会議は18日、全国一律で利用できるよう通信会社に義務付けている「ユニバーサルサービス」について、光ファイバーなどのブロードバンド回線や携帯電話を対象に加えることを検討する方針を示した。両サービスの普及が進んでいるためだ。同会議の中間論点整理の骨子案に盛り込んだ。年内にとりまとめる最終報告に向けさらに議論するが、通信業界や利用者などからの反発も予想される。【森有正】

 現在は固定電話がユニバーサルサービスの対象だが、有識者会議のこれまでの議論では、「災害時などの連絡ツールとして携帯電話の位置付けは今後、一層高まる」との意見が出ていた。

この記事は有料記事です。

残り958文字(全文1234文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 虫歯治療後に2歳死亡 福岡の小児歯科元院長を近く在宅起訴へ

  2. 「やる気ないなら担当変える」河野行革相、放送規制改革で文化庁に発破

  3. うずくまる息子、脇に立つ父「救急車、呼ばんでいい」 あの冬の日から3カ月…救えたはずの命

  4. SNSで横行する住所「特定屋」 その手法とは… ストーカー事件など犯罪に悪用も

  5. 自民・杉田議員「女性はいくらでもうそ」 性犯罪に関し党会議で発言 記者団には否定

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです