メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大相撲春場所

鶴竜速攻、8連勝

鶴竜(左)が押し出しで栃煌山を降す

9日目(18日、エディオンアリーナ大阪)

 横綱・白鵬が小結・御嶽海を危なげなく寄り切り、ただ一人全勝を守った。横綱・鶴竜は栃煌山を一気に押し出し、大関・高安も玉鷲の攻めに動じずいずれも1敗を堅持。平幕の逸ノ城、碧山とともに勝ち越した。

 大関取りがかかる関脇の貴景勝は千代大龍を突き落として7勝目。大関陣はカド番の栃ノ心が正代を降して6勝3敗としたが、豪栄道は逸ノ城の小手投げに2敗目を喫した。

この記事は有料記事です。

残り1256文字(全文1452文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 井岡、日本選手初の4階級制覇 WBOスーパーフライ級王者に
  2. この世界の片隅に NHKで8月3日に地上波初放送 特番「#あちこちのすずさん」も
  3. 意識不明の巡査 手術で快方に向かう 拳銃強奪
  4. 小田急線が脱線 踏切で乗用車と衝突 本厚木-伊勢原間で上下運転見合わせ
  5. 新潟県下越で震度6強 新潟、山形、石川に一時、津波注意報

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです