特集

はやぶさ2

探査機「はやぶさ2」がリュウグウで試料を採取して持ち帰る6年の旅を完遂。分析や次のミッションを解説。

特集一覧

はやぶさ2

衝突実験 小惑星にクレーター形成 来月5日に実施

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
はやぶさ2が衝突装置でクレーターを作る瞬間の想像図=池下章裕さん提供
はやぶさ2が衝突装置でクレーターを作る瞬間の想像図=池下章裕さん提供

 宇宙航空研究開発機構(JAXA)は18日、探査機はやぶさ2が衝突体を小惑星リュウグウに発射してクレーターを作る実験を、4月5日に実施すると発表した。小惑星上での衝突実験は世界初で、探査機から切り離すカメラでの撮影にも挑む。

 実験では、リュウグウの高度約500メートルで、爆薬を積んだ衝突装置を探査機から分離。約40分後にタイマーで起爆し、重さ約2キロの銅の衝突体を発射する。できたク…

この記事は有料記事です。

残り290文字(全文482文字)

【はやぶさ2】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集