メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

こちらネット相談室

こちらネット相談室 Wi-Fi接続、スマホやPC便利になるが 無料に注意、悪意の餌食に

PCやスマホにはアクセスポイント自動検知機能があり、周囲のWi-Fi電波の内容が分かる。右下の表示の「セキュリティの種類」で、「WEP」使用と分かる。中にはPWなしの利用者も

 スマートフォン(スマホ)で、携帯電話会社の回線使用のネット通信は「モバイルデータ通信」と呼ぶが、1カ月の通信量に制限があるものや、使用量に応じ料金が上がるプランもある。ところが、家や会社などにWi-Fi(ワイファイ)接続の環境をつくれば、通信量を気にしなくてすむ。パソコンもケーブルとつなぐ必要がなく便利だ。

 Wi-Fi接続には、Wi-Fiルーター(無線LANルーター)を設置する必要がある。それに記されたSSID(アクセスポイント=AP=の識別名)とパスワード(PW、暗号化キー)が大切だ。一般のアンドロイドスマホでは、設定→Wi-Fi→Wi-Fiをオン→表示される受信中電波のSSID一覧から自分のSSIDを選択→PW入力、で利用できる。

この記事は有料記事です。

残り734文字(全文1056文字)

高橋望

1991年入社。パソコン通信(NIFTY-Serve、PC-VAN~草の根アングラネットなど)からのネットワーカー。主にIT関係の記事-セキュリティ、面白ベンチャー・サービス、ガジェットなどなど-を書いてきました。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 小学校でクラスター発生か クラスメート5人感染 北九州・新型コロナ「第2波」

  2. まさにアリの一穴…「ツイッター世論」は、なぜ、安倍政権を動かせたのか

  3. 「ウイルスある程度まん延」専門家が読む北九州の現状 他都市も再燃警戒

  4. 住みたいのは草津 県民1位、「交通の便良く人気」 ネットアンケ /滋賀

  5. 「警官に押さえ込まれけが」 渋谷署前で200人が抗議デモ クルド人訴えに共鳴

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです