メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

GetNavi

スマートスピーカーにハイレゾをプラス! 新たなIoTデバイスを自作できる「SPRESENSE」(GetNavi web)

情報提供:GetNavi web

見たことのない「ミライ」の商品が集まるIoTショールーム「+Style(プラススタイル)」は、ハイレゾ音源の再生が可能な超小型IoTボード「SPRESENSE」シリーズを発売しました。

 

↑製作例(SPRESENSEゲームコンソール)

 

SPRESENSEシリーズは、低消費電力ながらも、GPS受信機能やハイレゾソリューション・オーディオコーデックを搭載したIoTボードです。拡張ボードやカメラボードなどのオプション品と組み合わせることで、GPS搭載ドローンの試作や、ハイレゾオーディオ対応スマートスピーカー、低消費電力の定点カメラなどさまざまなIoTデバイスを自分の手で作り上げることが可能です。

 

↑左からSPRESENSE メインボード、カメラボード、拡張ボード

 

カメラボードはソニー製CMOSセンサーを採用。500万画素の高精細な撮影が可能で、後日発売予定のBluetoothアドオンボードやWi-Fiアドオンボードと組み合わせることで、セキュリティカメラを自作できます。高い省電力性能を備えており、乾電池での動作が可能です。

 

↑左からBLE小型カメラ、Wi-Fi小型カメラ、SDカード小型カメラ

 

また、メインボード上で実現したGPS受信機能は、ソニーの最新ナビシステムを採用しており、オープンソースのドローンコード「ArduPilot」をSPRESENSE上で走らせることで、ドローンの試作にも活用できます。ほかにもロボットやビートボックスなど、これまで自作しづらかった基幹パーツをひと通り揃えることで、IoT製品を自らの手で製作できる、自作魂をくさぐられるアイテムなのです。

 

+Style販売価格
SPRESENSE メインボード(5940円)
SPRESENSE メインボード+拡張ボード(9720円)
SPRESENSE メインボード+カメラボード(9720円)
SPRESENSE メインボード+拡張ボード+カメラボード(1万3500円)
カメラボードのみ(4482円)
拡張ボードのみ(4482円)

 

SPRESENSE メインボードの主な仕様

 

SPRESENSE 拡張ボードの主な仕様

 

SPRESENSE カメラボードの主な仕様

【関連記事】
仕事環境の見直しはマウスから! 薄さを追求したエルゴマウス「400-MA114」
「SDカードどこやったけ?問題」を防ぐ一芸に秀でた「SDカードケース」5選
【2019年最新版】カンタンになった!LINEアカウントを引き継ぐ方法【LINE】
2020年に向けてオープンした世界最大級のショールーム「Galaxy Harajuku」、一言では表せないその全貌と見どころは?
このディスプレイなら自宅作業が捗りそうだ! 長時間使用向けの15.6型ノートPC「A515-53-H58U/K」

情報提供:GetNavi web


おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 気象庁、台風19号を命名へ 42年ぶり

  2. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  3. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  4. 平均39.2%、最高53.7% ラグビーW杯日本戦 関東地区視聴率で今年1位

  5. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです