メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外強制不妊救済法が成立

地方圏の地価、なお明暗 再開発や観光誘致がカギ

11年ぶりに商業地の地価が上昇した静岡県熱海市。観光客らでにぎわうJR熱海駅前=17日午後、川口雅浩撮影

 国土交通省が19日発表した公示地価(今年1月1日時点)は、地方圏の住宅地が1992年以来27年ぶりにプラスに転じるなど、低迷していた地方圏の地価の回復が鮮明となった。駅前再開発や子育て支援など、人口を増やす取り組みを進めた自治体で上昇が目立つ一方、過疎地など人口が減少する地域では下落が続く。同じ地方圏でも自治体や地域ごとに地価の回復ペースが異なっており、明暗を分けた。【川口雅浩、尾形有菜】

 これまで地方圏は駅前再開発を進める県庁所在地などで地価の上昇が目立ったが、今回は人口の少ない地方の…

この記事は有料記事です。

残り1349文字(全文1596文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 孫正義氏、ビットコインで145億円損失か
  2. インドネシア選管「職員119人死亡」 大統領選と総選挙で「過労」
  3. アクセス NGT48・山口真帆さん卒業表明で運営側への批判再燃 識者は「最悪の幕切れ」
  4. ごみ部屋 女性を救出…体埋もれ、両足壊死
  5. みんなのごみ 廃品回収 紛れる違法業者

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです