高杉晋作の書簡発見、亡命先から義弟に手紙 再起への心情つづる

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
晋作が百合三郎に宛てた書簡の前半部分。中ほどに「筑藩に潜居、天地之周旋致居候。孰(いず)れ一死地を得度望居候」とある=天理大付属図書館蔵
晋作が百合三郎に宛てた書簡の前半部分。中ほどに「筑藩に潜居、天地之周旋致居候。孰(いず)れ一死地を得度望居候」とある=天理大付属図書館蔵

 幕末の志士、高杉晋作(1839~67年)が禁門の変で敗れた長州藩を逃れ、亡命先の九州から長州の義弟に宛てた手紙が見つかった。亡命中の行動や心情の一端が明らかになった。【古賀亮至】

 手紙は1864(元治元)年11月14日、義弟の高杉百合三郎宛ての密書。同年6月1日に久坂玄瑞が京都から藩政府に宛てた書簡と合わせ、巻物にされている。天理大付属天理図書館(奈良県天理市)の所蔵品を、萩博物館(山口県萩市)の特別学芸員、一坂太郎さん(52)が7年前に見つけた。マツノ書店(山口県周南市)から昨年出版した「久坂玄瑞史料」に「高杉晋作史料」補遺として収めた。

 長州藩は64年7月の禁門の変で敗れて朝敵とされ、11月には幕府による第1次長州征伐の軍勢が迫っていた。藩論は幕府に恭順する方針で一致したが、進攻を受けた際の対応で一戦も辞さないとする急進派と、あくまで許しを請うとする保守派が対立。保守派が実権を握ると、急進派に近かった晋作は危険を察して11月初めから25日ごろまで筑前(福岡県)に亡命。禁門の変を主導した家老らが処断されるに及んで11月25日に下関…

この記事は有料記事です。

残り439文字(全文913文字)

あわせて読みたい

ニュース特集