メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア

高杉晋作の書簡発見、亡命先から義弟に手紙 再起への心情つづる

晋作が百合三郎に宛てた書簡の前半部分。中ほどに「筑藩に潜居、天地之周旋致居候。孰(いず)れ一死地を得度望居候」とある=天理大付属図書館蔵

 幕末の志士、高杉晋作(1839~67年)が禁門の変で敗れた長州藩を逃れ、亡命先の九州から長州の義弟に宛てた手紙が見つかった。亡命中の行動や心情の一端が明らかになった。【古賀亮至】

 手紙は1864(元治元)年11月14日、義弟の高杉百合三郎宛ての密書。同年6月1日に久坂玄瑞が京都から藩政府に宛てた書簡と合わせ、巻物にされている。天理大付属天理図書館(奈良県天理市)の所蔵品を、萩博物館(山口県萩市)の特別学芸員、一坂太郎さん(52)が7年前に見つけた。マツノ書店(山口県周南市)から昨年出版した「久坂玄瑞史料」に「高杉晋作史料」補遺として収めた。

 長州藩は64年7月の禁門の変で敗れて朝敵とされ、11月には幕府による第1次長州征伐の軍勢が迫ってい…

この記事は有料記事です。

残り589文字(全文913文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「反日は一部」「少し感情的」日韓市民、一層の関係悪化を懸念 GSOMIA破棄に

  2. 中谷元防衛相「最悪の決断」 韓国のGSOMIA破棄に

  3. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  4. 東京パラスペシャルサポーター・香取慎吾さん「できるだけ多くの人、観戦して」

  5. 米国防総省「強い懸念と失望表明」 韓国のGSOMIA破棄で声明

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです