メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「合意があったと…」 性暴力問題の広河氏が手記 「責任回避では」と批判の声

月刊誌「創」に掲載された広河氏の手記は8ページにわたる長い文章で、末尾に「続く」とある。被害者に向けた直接の謝罪の言葉は見当たらない

 フォトジャーナリストの広河隆一氏が月刊誌「DAYS JAPAN」の女性スタッフらに性行為や裸の写真撮影を強要したとされる問題で、3月20日発売予定の号で検証記事を組む同誌に先んじて、月刊誌「創」が広河氏の手記を掲載した。「合意があったと思っていた」「地位や仕事を失った」という弁解や悲嘆が随所でつづられ、元スタッフらは「本当に反省しているのか」と疑問の声を上げている。【中川聡子/統合デジタル取材センター】

この記事は有料記事です。

残り2589文字(全文2793文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潟の70代男性、特殊詐欺で2450万円被害 所持金尽きるまで電子マネー購入
  2. 「戦争」発言の丸山穂高氏に千島連盟が抗議文「常軌を逸し、極めて遺憾」
  3. 「衆院選をやるなら7月以外にない」 麻生氏、首相に衆参同日選を進言 ちらつく「4選」戦略
  4. 信長の肖像画、竹の紙に描かれていた 文化庁調査で判明 6月に豊田で特別公開
  5. 滋賀・名神道の多重事故1人死亡 観光バス運転手を逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです