メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

袴田さん、散歩が「仕事」 精神的に不安定、今も 釈放から5年

 1966年に静岡市で起きた「袴田事件」で、死刑が確定した袴田巌元被告(83)=最高裁で特別抗告審中=が静岡地裁の再審開始決定で釈放されてから、27日で5年となる。東京高裁による昨年6月の地裁決定取り消しで再審開始への道のりが険しくなる中、袴田さんは姉の秀子さん(86)と地元の浜松市で暮らす。袴田さんは街を歩くことを日課としており、その姿は今や日常風景だ。

 「ご飯食べる?」。3月上旬のある夜、秀子さんが帰宅した袴田さんの顔をのぞきこんだ。誕生日が2月と3…

この記事は有料記事です。

残り602文字(全文831文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 死者54人不明17人 避難者3万8000人 雨に警戒を 台風19号

  2. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  3. 台風19号で長野のライフラインにも打撃 1万1000人態勢で復旧作業

  4. 路上生活者、台風19号の避難所入れず 台東区「住所ないから」

  5. 平尾誠二さん死去 800人が感謝 山中所長「治せなかった」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです