JR西の観光列車、名称は「銀河」 瑠璃紺色のデザイン

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
JR西日本が2020年春から運行する長距離観光列車「ウエストエクスプレス銀河」の外観イメージ=同社提供
JR西日本が2020年春から運行する長距離観光列車「ウエストエクスプレス銀河」の外観イメージ=同社提供

 JR西日本は19日、来年春に運行を始める長距離観光列車(6両編成)の名称を「ウエストエクスプレス銀河」に決めたと発表した。車両の外観は、紫がかった青い色を示す瑠璃紺(るりこん)色を基調としたデザインになる。

 「銀河」の列車名は、1949年から2008年にかけて、東京―大阪を運行した寝台急行列車にも…

この記事は有料記事です。

残り170文字(全文320文字)

あわせて読みたい

注目の特集