メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

第38回土門拳賞に高橋智史氏

 毎日新聞社主催の第38回土門拳賞(協賛・ニコン、ニコンイメージングジャパン、東京工芸大学)選考会は、2月21日に東京都千代田区一ツ橋の毎日新聞東京本社で開かれ、高橋智史氏(37)に決定した。受賞対象となったのは写真集「RESISTANCE カンボジア 屈せざる人々の願い」(秋田魁新報社)。

 90人あまりの推薦委員から寄せられた10作品の中から、高橋氏の作品の他、奥山淳志氏の写真集「弁造 Benzo」(私家版)、露口啓二氏の写真集「地名 / Place Names」(赤々舎)が最終選考に残った。

 高橋氏の「RESISTANCE カンボジア 屈せざる人々の願い」は、カンボジアの強権政治に屈することなく闘い続ける人々に迫ったドキュメンタリー。監視される日常生活、抗議の現場、デモ行進の最前線で、自身の安全も顧みず、声をあげ、祈り、仲間と助け合う市民の姿を追った。写真は全世界に発信され、知られざるカンボジアの現況と、圧政に負けず闘う人々の姿を伝えた。

この記事は有料記事です。

残り239文字(全文666文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「空前絶後」「一気呵成」…なぜ情緒的で大げさなのか 首相のコロナ語録

  2. 北九州市で5日連続の感染確認、計22人に 施設を臨時休館

  3. 国民民主「10万円再給付を」「消費税5%に」追加経済対策案 

  4. 「五輪予算で都民の命救える」早期中止訴え 宇都宮氏が都知事選出馬会見

  5. アベノマスク8億円検品、穴だらけ 不良発覚後の契約、消えた瑕疵担保責任…

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです