メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

旧優生保護法を問う

「審理継続」国が意見書 強制不妊・仙台訴訟、20日にも結審

 旧優生保護法(1948~96年)下で不妊手術を強いられた宮城県の60代と70代の女性が国に損害賠償を求めた訴訟で、国は19日、仙台地裁(中島基至裁判長)に対し、今国会で可決・成立が見込まれている救済法案の成立前に「弁論を終結させるべきでない」などと審理の継続を求める意見書を提出した。これに対し、原告側は「救済法が成立しても立法不作為は消えない」との意見書を提出し、早期の結審を求めた。

この記事は有料記事です。

残り295文字(全文489文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 乱交パーティー数十回主催 福岡県警職員を懲戒免職、売春防止法違反で起訴

  2. 東京で新たに561人の感染確認 2日連続で500人超 新型コロナ

  3. 気づいたら缶ビール30本 コロナ禍でアルコール依存悪化 断酒会開けず

  4. ヤングケアラー~幼き介護 認知症の母を殺さなかった少女 元ヤングケアラー 27歳の今

  5. 「感染を制御できない」 専門家に強い危機感 会合後に漏れた本音

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです