メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

旧優生保護法を問う

「審理継続」国が意見書 強制不妊・仙台訴訟、20日にも結審

 旧優生保護法(1948~96年)下で不妊手術を強いられた宮城県の60代と70代の女性が国に損害賠償を求めた訴訟で、国は19日、仙台地裁(中島基至裁判長)に対し、今国会で可決・成立が見込まれている救済法案の成立前に「弁論を終結させるべきでない」などと審理の継続を求める意見書を提出した。これに対し、原告側は「救済法が成立しても立法不作為は消えない」との意見書を提出し、早期の結審を求めた。

この記事は有料記事です。

残り295文字(全文489文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 雪まつりスタッフも感染 北海道5例目、「市中感染」する段階に 新型肺炎

  2. 中江滋樹さん、アパート火災で死亡か 「兜町の風雲児」元投資ジャーナル会長

  3. 橋本五輪相 聖火リレー「体調不良の方は沿道来ないで」 新型肺炎

  4. 政府批判の神戸大教授が動画削除 「助言」の医師がFBで事実誤認を指摘

  5. WHO「致死率を考慮すると想定内」 クルーズ船2人死亡

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです