メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

旧優生保護法を問う

「審理継続」国が意見書 強制不妊・仙台訴訟、20日にも結審

 旧優生保護法(1948~96年)下で不妊手術を強いられた宮城県の60代と70代の女性が国に損害賠償を求めた訴訟で、国は19日、仙台地裁(中島基至裁判長)に対し、今国会で可決・成立が見込まれている救済法案の成立前に「弁論を終結させるべきでない」などと審理の継続を求める意見書を提出した。これに対し、原告側は「救済法が成立しても立法不作為は消えない」との意見書を提出し、早期の結審を求めた。

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋暴走 ハンドルほぼ操作せず 87歳男性パニックか
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. 校長のセクハラ告発女子生徒、焼き殺される 「自殺に見せかけるよう」校長自身が指示 バングラデシュ
  4. AAAリーダーを暴行容疑で逮捕 「飲みに行こう」と誘うも断られ平手打ち
  5. 池袋暴走事故 亡くなった松永さん親族ぼうぜん「だまされているような」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです