メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

群馬県立高で人体標本見つかる 胎児、腎臓など 数十年前から保存か

群馬県庁=前橋市大手町で2019年2月22日、菊池陽南子撮影

 昨年から全国の高校で本物の人骨を使った人体標本が相次いで見つかっている問題で、群馬県教委は19日、県立桐生女子高校で5体の胎児の標本、県立高崎女子高校で腎臓など4点の標本が見つかったと発表した。いずれもホルマリン液に漬けられた状態だった。数十年前から保存されていたとみられる。購入記録がないため寄贈された可能性がある。

 県教委によると、桐生女子高校に1月25日、約40年前の卒業生から電話で「自分が在籍していた当時から…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 台湾東岸・花蓮でM6.1地震 震源の深さ18キロ
  2. 「児童が危険と…」 小学校前の通学路に白色スプレーで“停止線” 福岡の校長を書類送検
  3. 大阪・御堂筋で事故 軽ワゴン車横転、歩道に乗り上げ 繁華街が一時騒然
  4. もとをたどれば リクシルグループ 「住」と「生活」豊かさ願い
  5. 首相側近・萩生田氏、増税先送り可能性に言及 与党にも波紋「何を勝手に言っているんだ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです