メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

群馬県立高で人体標本見つかる 胎児、腎臓など 数十年前から保存か

群馬県庁=前橋市大手町で2019年2月22日、菊池陽南子撮影

 昨年から全国の高校で本物の人骨を使った人体標本が相次いで見つかっている問題で、群馬県教委は19日、県立桐生女子高校で5体の胎児の標本、県立高崎女子高校で腎臓など4点の標本が見つかったと発表した。いずれもホルマリン液に漬けられた状態だった。数十年前から保存されていたとみられる。購入記録がないため寄贈された可能性がある。

 県教委によると、桐生女子高校に1月25日、約40年前の卒業生から電話で「自分が在籍していた当時から…

この記事は有料記事です。

残り257文字(全文467文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 菅原経産相指示「この人はカニ、この人はイクラね」 立憲が元秘書の音声データ公開

  2. 「これ、死ぬわ」車、流され転落 脱出までの4分間をドラレコが記録

  3. 台風19号 寝室で増水 目の前で夫「世話になったな」…86歳妻「1人はつらい」福島・いわき 

  4. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  5. 15~39歳「AYA世代」のがん 女性が78% 国立がん研究センター調査

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです